シャトー・ラシェネ(2002)

シャトー・ラシェネ(2002)

シャトー・ラシェネ(2002)

シャトー・ラシェネ(2002)

CHATEAU LACHESNAYE 2002

【分類】  赤
【タイプ】  ミディアムボディ
【生産国】  フランス(ボルドー/オー・メドック)
【造り手】  プティエ家
【ヴィンテージ】  2002年
【アルコール度数】  13%
【品種】  カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50%
【格付け】  クリュ・ブルジョワ
【説明】  きれいなルビー色、バニラと香ばしい上品な香り。堅さはとれているので飲みやすく、果実味も残しているのでバランスがとても良くとれています。ル・クラスマンでも星付きの掲載履歴がある、完成度の高いブルジョワ級ボルドーです。
【一般市場価格】  1,280円 ※価格は掲載当時のものです。

うめたまのワイン感想

注ぎたてのグラスからは素晴らしいブーケが立ち上る。
やや濃厚なボディはまだ発展途上でアルコールが少し前面に出る。
これが落ち着いた頃を考えると素晴らしくも儚いものとなってしまいそう。
ローストしたコーヒーを感じれば僅かにブラックチェリーを感じたり、鼻に抜ける香りが穏やかな農村なら舌の上ではまるでサーカスや劇場。
良い面と悪い面、激しさと穏やかさ、渋みとえぐみ、旨味、儚い余韻、様々な想いが同居し交錯する<迷い>のイメージを彷彿するとても興味深いワインです。
また数年後に飲んでみたい1本です。
星は限り無く3に近い4つです。

評価 : ワイン評価は星4つ


ニコのワイン感想

はつらつとした若さやブラックベリー、林檎、ヨーグルト、樽の香り、杉、粒の黒胡椒、石灰やテロワール。
ほのかな甘さが漂う、優しく魅惑的なブーケ。
旨味の詰まったテイストは、重いタンニンとアルコールがどっしりとした重量を感じさせる。
それでいて後味は甘酸っぱい苺を食べた時の様に爽やかである。
確かに粗探しをすれば少しの雑味…とまではいかない薄さ、というのだろうか…。
それはあるにはあるが、全体のバランスの良さや品のある感じ、色んな料理に対応出来そうな所が好感度を押し上げる。

評価 : ワイン評価は星4つ


ジモケンTOPへ