オークセイ・デュレス(1989)

オークセイ・デュレス(1989)

オークセイ・デュレス(1989)

オークセイ・デュレス(1989)

Auxey-Duresses 1989

【分類】  赤
【タイプ】  フルボディ
【生産国】  フランス(ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/AOCオクセイ・デュレス)
【造り手】  ドメーヌ・ベルナール・ドラグランジュ
【ヴィンテージ】  1989年
【アルコール度数】  13%
【品種】  ピノ・ノワール100%
【説明】  当時は熟成させるために葡萄の茎まで入れて醸造しました。若いうちはのめませんでしたが、今では素晴らしい熟成を見せています。イチゴやサクランボのニュアンスと胡椒、枯葉のニュアンスも。フレッシュな味わいでタンニンも丸くてエレガント。
【一般市場価格】  5,650円 ※価格は掲載当時のものです。

うめたまのワイン感想

注いだ時に美しくサファイアから桜にも近い薄い赤。
グラスを覗けば透き通る芸術を見るかの様。
落ち着き、気品は一級品に近いがブーケはやや物足りない。
ひとくち口に含んだ私は、しっかりとした葡萄本来の出来栄えに驚く。
思った以上にグッとくる果実感高いテイスト。
アルコールとテイストはようやく落ち着き始めた頃。
全体を通して物足りなさは多いが、是非少し塩分を効かせた前菜で使用して欲しいワイン。
その日の食事のメイン料理を期待に満ちた物にしてくれるでしょう。
星は限り無く3に近い、おまけした4。

評価 : ワイン評価は星4つ


ニコのワイン感想

みずみずしいクランベリーやレモンの皮、花の香りに少し鉄も感じる、フレッシュなブーケ。
ボディはやや薄いガーネット色だが、朗らかなアタックと味わい深いテイスト。
ぎゅっと詰まった甘酸っぱさと舌に落ち着くタンニン、心地良い刺激のスパイス。
後味はやや苦味がある。
質の良い樽香がジューシーさとあいまって余韻を残す。
茶目っ気を残す初老の女性を連想させる。

評価 : ワイン評価は星4つ


ジモケンTOPへ