シャトー・ポタンサック(2002)

シャトー・ポタンサック(2002)

シャトー・ポタンサック(2002)

シャトー・ポタンサック(2002)

Chateau Potensac 2002

【分類】  赤
【タイプ】  フルボディ
【生産国】  フランス(ボルドー/メドック/オルドナック村)
【造り手】  ディロン家
【ヴィンテージ】  2002年
【アルコール度数】  %
【品種】  カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー25%、カベルネ・フラン15%
【格付け】  クリュ・ブルジョワ
【説明】  サンジュリアン村の第2級シャトー・レオヴィル・ラス・カーズのオーナー、ドロン氏のシャトー。濃いルビー色をした、渋味と酸味のバランスがほどよい、しっかりした風味のワインです。
【一般市場価格】  2,920円 ※価格は掲載当時のものです。

うめたまのワイン感想

芳醇でふくよかなブーケは樽の香りが心地良く、いつまでも嗅いでいたいのに飲みたい欲求を最大限にかき立てる。
私は飲みたい欲求を抑えられない。
ひとくち口に含めば、濃厚で豊かな、そして感激のテイストがベールを脱ぐ。
ある一定のテロワールとそれを引き出す素晴らしい醸造家の情熱と力強さを感じる。
あと10年後にまた出会いたいワインの中の1本に間違いありません。
好みや最上位を目指せばまだ言いたい事もあります。
だが、このワインに付ける文句は見当たらない。

評価 : ワイン評価は星5つ


ニコのワイン感想

質の良い樽が香り高く、熟した葡萄やプラム、杉や苔、カカオ、アミノ酸、鉄を感じるブーケ。
舌触りは滑らかで、ジューシーな酸味は柘榴の様な甘酸っぱさがあるし、良質な樽香やスパイス、そして舌の奥にじんわりと広がるコクの様な旨味、探さなくとも分かる余韻。
まだまだ若く、飲み頃でないながらの最高のポテンシャル。
将来がとても楽しみなワイン。とても美味。
そこらのワインに満足出来なくなった暁には、ちょっとワインを我慢してでも、このワインを選択する事をお薦めします。
明日への活力を注いでくれる、美しいワインです。

評価 : ワイン評価は星5つ


ジモケンTOPへ