アライア/2006年

アライア/2006年

アライア/2006年

アライア 2006年

DEHESA DE RUBIALES ALAIA 2006

【分類】  赤ワイン
【タイプ】  フルボディ
【生産国】  スペイン(カスティーリャ・レオン)
【ヴィンテージ】  2006年
【アルコール度数】  
【品種】  プリエト・ピクード50%、テンプラニーリョ45%、メルロー5%
【説明】  ラベルはガリシア州出身のルイス・アラカンタラの作品。ALAIAとはバスク語で喜びを意味し、母親が愛しい我が子を抱きかかえるモチーフ。
【一般市場価格】  1,300円 ※価格は掲載当時のものです。

うめたまのワイン感想

少し落ち着きのある程良い酸味にやや濃い印象だが雑な部分が目立つ。
ブーケは大人しい割に不快な分離したアルコール臭やカルキの様な臭いが邪魔をする。
ブーケを楽しみたい人やその為の料理には薦めたくありません。
でもこのワインが不味いか?と聞かれたら、私はそんな事は無い。と否定します。
何故なら消極的ながら総合力はまあまあだからです。
良し悪しは探さないルールで飲んで下さい。
何かとどうしてもマリアージュさせたいなら、ほんのり苦味のある香りの強いチーズを選んで下さい。
例えばブルーチーズやカマンベールチーズ等。

評価 : ワイン評価は星1つ


ニコのワイン感想

熟成感ある赤紫色のボディ。
ブーケはカシス、花の蜜、鉄と、ある種生臭い様な動物の皮、粘土を感じる。
テイストはじわりと優しく広がる甘さと味の濃さ、樽の香り、静かなスパイス、スミレの香りと移り変わっていく。
後味にしっかりとしたタンニンも感じる。
単体でもまあまあそれなりのお付き合いをしてくれるワインかも。

評価 : ワイン評価は星2つ


ジモケンTOPへ